HOME  > ゼロエミッションへの挑戦 / 業界ニュース > バックナンバー > バックナンバー(Back Number)



バックナンバー(Back Number)



◇業界ニュース NO.02 (2006年4月1日)

非鉄金属国際指標の「ロンドン金属取引所(LME)」相場が銅や亜鉛を中心に急騰したことを受け、国内では銅の商社出し値が1980年依頼の高水準まで上昇しました。3月31日の関西銅原料市場はCOMEX銅がLME銅を、相当上回るところになっていたため、LME銅がどれだけ寄せていけるかに注目されていたが、原油や貴金属の急騰、なお続くメキシコ銅山ストライキなど強い材料が揃った状況下で暴騰を演じ、又も史上最高値を更新した。ニューヨーク・カーブが一段と水準を上げたため、4月スタートの建値に上げの可能性が出てきている状況です。

2006年4月1日現在
■電 気 銅 ≪建 値≫   680円/kg【山元建値(精銅メーカー)】
■新一号銅 ≪相 場≫  607円/kg【電線被服剥離後の銅線・1t以上仲間持込価格】
※日本経済新聞等で掲載されている銅相場は電気銅(純度99.99%)であり、電線屑の被服剥離後の新一号銅(純度99.12%)です。電線及び電線屑の価格の上下は電気銅の建値が基準となります。

■電線スクラップ・電線ドラム 現場引取り買入価格(2006年4月1日現在)
  ◎消費税5%は外税に付き別途お支払いします。
   ・CVT100スケアー以上 440円/kg
   ・CVT 60スケアー   410円/kg
   ・CVT 22スケアー以下 300円/kg 
   ・VA/通信線等 180円/kg
   ・電 線 ド ラ ム    500円より/1個    
※リサイクルコンテナ無料貸出いたします(キャスター付)